ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツの種を植えてみた

ドラゴンフルーツの種を植えてみた

こんにちは、園芸ブロガーのりょん(@ryon_gajulemon)です。

今回はドラゴンフルーツを食べたので、その種を植えて育ててみることにしました♪

当記事では、ドラゴンフルーツの種植えから発芽までをレポートしていきたいと思います。

ドラゴンフルーツとは?

みなさんはドラゴンフルーツって見たことや食べたことはありますか?食べたことがない方でも、こんなフルーツを目にしたことはあるのではないでしょうか?

ドラゴンフルーツの写真

実はドラゴンフルーツには赤と白の2種類があります。

赤い果肉のドラゴンフルーツ 白い果肉のドラゴンフルーツ

食べてみた感じでは、赤の方がやや甘く、白の方が酸っぱく感じました。いずれにせよ、どちらもさっぱりとしていて食べやすいフルーツです。

※事実、赤の方が糖分が高いそうです。

ドラゴンフルーツの種植え

①濡らしたティッシュの上で種を寝かせる

写真は残っていないのですが、プラスチックのパックの中に濡らしたティッシュを入れ、その上にドラゴンフルーツの種を数日おいておきました。我が家では2020年8月7日に種を寝かせ始めました。

すると徐々に芽?がでてきます。

②土に植える

ある程度芽が出てきたタイミングで、土に植えなおします。我が家では2020年8月14日に植えたので、ティッシュの上で寝かせた期間は約1週間でしたね。

土に植えたドラゴンフルーツの芽

ちなみに、種を植えている容器はプリンの入れ物です。底に穴をあけて再利用しています。

今回は赤と白とで分けて育成をしていますが、育ち方はほぼ変わらないと思われます。実になるまでは長い時間が必要ですが、個人的に南国フルーツは大好きなので成長が楽しみです。

最後に

当ブログでは、これからも引き続きドラゴンフルーツの成長の様子を追っていきたいと思います。

ちなみに、ドラゴンフルーツの主な産地は中南米や東南アジアのようです。かくいう私も、ドラゴンフルーツを食べたのは東南アジアでした。カンボジアにしばらく滞在したのですが、そこで食べたドラゴンフルーツが最高に美味しかったのを覚えています。

日本でもさっぱりとして美味しく食べれますので、みなさんもぜひ買ってみてくださいね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です