育て方

【不器用さんでも簡単】ガジュマルの挿し木の方法|用意するものからアフターケアまで

ガジュマルの挿し木

こんにちは、園芸ブロガーのりょん(@ryon_gajulemon)です。

ガジュマルの剪定をしてみたけど、切った枝を捨てちゃうのもったいないなあ。。。

こんなふうに思っている方も多いのではないでしょうか。実は、剪定をしたときに切った枝で、ガジュマルを増やすことができるんです!

当記事では、剪定枝を使ったガジュマルの増やし方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

✔この記事はこんな人におすすめ
  • ガジュマルの剪定で切った枝を活用したい
  • ガジュマルの増やし方を知りたい
  • ガジュマルの挿し木の方法を知りたい

ガジュマルの剪定枝の活用法|挿し木とは?

ガジュマルの剪定枝の活用方法
ガジュマルの剪定をしたときの枝、活用する方法があるって聞いたけど本当?

せっかく育った枝を心苦しくもカットしたものの、そのまま捨ててしまうのはもったいないですよね。

実はその枝、ちゃんと活用できるんですよ。

ガジュマルの剪定枝は、「挿し木」にすることができるんです。

挿し木とは?

元になる植物の一部分を切り取り、それを土に挿し育てることで株を増やす方法です。この切り取った一部分のことを「挿し穂」と呼びます。

へ~!切った枝を育てることができるなんて楽しそうだね。太くて形のいいガジュマルをイチから育てたいな~。

1点誤解がないようにお伝えしておくと、挿し木のガジュマルを太くてもこっとした幹にするのはかなり時間がかかると言われています。

実際に挿し木を長年育てている方のブログなどを読むとわかりますが、5年7年など相当な時間をかければ、太い幹のガジュマルへ生長させることも可能なようです。

挿し木に適した時期

ガジュマルの挿し木に適した時期
ガジュマルの剪定は5~7月が適してると聞いたけど、挿し木をするのに良い時期ってあるのかな?
はい、挿し木にも適した時期があります。挿し木に適した時期は、ズバリ5~7月です。
なんだ!剪定時期と一緒じゃん!!

そうなんです。挿し木はまだ根がなく育つ力も弱いので、ガジュマルにとって生育期にあたる季節に土に植えてあげるのがよいでしょう。

剪定と挿し木はいずれも5~7月が適した時期なので、剪定したらそのまま挿し木にしてしまうのがいいですね♪

▼剪定のやり方はこちら

【誰でも簡単】切り戻しや丸坊主など|ガジュマルの剪定方法と注意点まとめ

ガジュマルの育て方(剪定編)
【誰でも簡単】切り戻しや丸坊主など|ガジュマルの剪定方法と注意点まとめガジュマルを育てているけれど、枝がだいぶ伸びてきたな。少し切った方がいいのかな?ガジュマルを育て始めると、そんな疑問がわいてきますよね。そこで、当記事ではガジュマルを育てている筆者が剪定(枝を切って揃える事)の目的や手順、 その後のお手入れまで調べてまとめてみました。...

挿し木をするのに必要なもの

必要なもの
  • ガジュマルの剪定枝
  • 水をためられる容器(コップでOKです)
  • 小さな鉢
  • 鉢底ネット
  • 鉢底石
  • 割りばし

▼鉢底ネットはこういうやつです

土選びに関しては別途詳しく解説していますので、【ガジュマルを育てるのに最適な土は?おすすめの土の選び方や配合もご紹介!】をご覧ください。

ガジュマルの育て方おすすめの土編
ガジュマルを育てるのに最適な土は?おすすめの土の選び方や配合もご紹介!ガジュマルを植え替えるにあたって、どんな土を選べばいいのか悩みますよね。ガジュマルを元気に育てるには土が何より重要!と言っても過言ではないので、当記事ではガジュマルに最適な土をご紹介します。さらに、おすすめの土の選び方もお伝えします。...

挿し木の手順

ガジュマルの挿し木の手順
  1. 挿し木にする枝を選ぶ *1
  2. 挿し木にする枝を10cm程度にカットする *2
  3. 葉っぱを先端の2枚程度にし、葉っぱ自体も半分にカットする
  4. 器に水を入れて、発根するまで挿し穂を水につけておく
  5. 小さな鉢に鉢底ネット、鉢底石を敷いた上に土を入れる
  6. 発根したら、枝の1/2ぐらいの深さまでを土に植える *3
  7. 水をたっぷりあげる

*1・・・元気な枝を選びましょう
*2・・・切り口は斜めにカットしましょう
*3・・・根が傷つかないように割りばし等で土に穴をあけて植えましょう

挿し木のガジュマル
  • 葉っぱを半分にカットするのは、葉が多いことで栄養が取られ発根が遅れるのを防ぐためです
  • 発根するまでの期間はだいたい1週間~1カ月です

挿し木のアフターケア

ガジュマルの挿し木のアフターケア
なるほどね~、挿し木ができたら、そのあとはどんなふうに管理したらいいのかな?

はい、挿し木してすぐはまだ根が土に根付いていないので、しばらくは通常とは違う管理が必要です。挿し木を行ってから1週間は以下2点に注意して取り扱いましょう。

  • 明るい日陰で管理する
  • 土が乾かない程度に水やりをする

まとめ

ここまでガジュマルの挿し木について書いてきました。この記事のポイントをまとめます。

  • 挿し木に適した時期→5~7月
  • 挿し木の手順→上記を参照
  • 挿し木のアフターケア→日陰で管理し、土が乾かない程度の水やり
  • 挿し木を成功させるコツ→葉っぱは出来るだけカット

上記のことに気を付けて、あなたもぜひガジュマルの挿し木にチャレンジしてみてはいかがですか?

ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪

インスタもやっていますので、よろしければフォローお願いします!
https://www.instagram.com/ryon_gajulemon/

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です